Apple Watchをもっと便利に!おすすめ文字盤&アプリ

はじめに

Apple Watchの初期設定は完了したけど、どんな文字盤やアプリを使えば良いのか分からないと思っている方はいらっしゃいませんか?

この記事では、初代Apple Watchの頃から毎日使っている筆者がおすすめ文字盤やアプリをご紹介します。

Apple Watchをもっと便利に活用できるようになると思いますので、ぜひご覧下さい。

筆者のApple Watchの遍歴と使い方

筆者は初代Apple Watch(2015年4月発売)から最新のSeries7(2022年9月12日時点)までずっと使っています。

<筆者の利用歴>
初代→Series3→Series5→Series7

利用シーンはビジネス、プライベート両方です。恐らく同じような使い方をしている人は多いかと思います。

そこで今回はビジネスでもプライベートでも利便性が高いカスタマイズという観点でご紹介します。

おすすめ文字盤

Apple Watchの文字盤は複数登録が可能で、ビジネス用やプライベート用など用途別に登録して使い分けることが可能です。

ただしビジネスでもプライベートでも文字盤を一つに固定にしておいてた方が利便性は高いです。

その場合は「インフォグラフ」が最もおすすめです。

インフォグラフの画面

インフォグラフの最大の特徴は、コンプリケーションが最大8つまでセットできる点です。これは文字盤の中では最多(執筆時点)です。

ビジネス用、プライベート用コンプリケーションを両方ともたくさん入れられるというわけですね。

筆者はインフォグラフをこのようにカスタマイズして使っています。

筆者がカスタマイズしたインフォグラフ

最初から選択できるコンプリケーションもあれば、アプリをインストールしないと使えないコンプリケーションもあります。

恐らく読者の方の中には初めて見るコンプリケーションもあるのではないでしょうか。

ここからはインストールすると使えるようになるおすすめ無料アプリについてご紹介します。

おすすめ無料アプリ

PayPay

国内370万ヵ所以上のお店で使えるスマホ決済アプリです。使っている人も多いのではないでしょうか。

このアプリをインストールしてコンプリケーションにセットすると、買い物をして決済する時にわざわざスマホを出さなくても、Apple Watchでバーコード(もしくはQRコード)を表示できるようになります。

筆者はポイントが貯まるお店で買い物をした際には、iPhoneでお店のポイントカードを表示しつつ、支払いはApple WatchのPayPayで行うといった二刀流で使用しています。

iPhoneだけでポイントカード、支払いを行う時よりもだいぶ時短になります。

たまにApple WatchでPayPay決済ができることを知らない店員さんがいて、怪訝な顔をされることもある点はご注意ですw

Launcher(一部有料)

ウィジェットを起動させるためのアプリです。

使い方は色々ありますが、筆者はもっぱらApple Musicと組み合わせて使っています。

通常、Apple Musicで選曲する際にはiPhoneからの操作が必要ですが、このアプリを使うと事前に登録しておいた曲の中からワンタッチで選曲ができます。

実際に使用してみた様子です。

Launcherボタンをタップします。
登録済みの曲が一覧表示され、タップするとすぐに音楽が流れます。
再生後はミュージックのアイコンから操作できます。

ちなみにiPhoneでカテゴリ別にアプリを分けてウィジェット作成もできます。

筆者のiPhoneの画面

Apple Watch系、エンタメ系、SNS系とウィジェット毎に分けています。

使いたいアプリがすぐに探せて便利です。

ランチャーアイコンにバッジがつかないというデメリットがありますが、通知が表示されなくても問題ないアプリだけウィジェットでまとめるようにすれば大丈夫かと思います。

LauncherはApple Watchだけでなく、iPhoneでもおすすめのアプリです。

【2022年9月16日追記】

watchOS 9にアップデートするとコンプリケーションからLauncherが外れてしまう現象を確認しました。

再度セットすれば問題ありませんでした(アイコンは表示されなくなりますが)ので、アップデートした際にはご注意下さい。

Duffy

こちらは歩数計のアプリです。

歩数自体は最初から用意されているフィットネスアプリをタップすれば表示は可能なのですが、一度タップするという手間が発生します。

Duffyを使うと歩数を常時表示できますので、時計を見ただけで歩数が分かります。

Duffyで歩数表示している画面

歩数を常時表示していると、なるべく多く歩こうと自然と意識して健康に良いと思います。

筆者は毎日10,000歩を目標にしていて、10,000歩を超えた日は達成感を感じています。

まとめ:Apple Watchはカスタマイズでより便利になる

今回ご紹介したカスタマイズは汎用性が高く、色々な方に使ってもらえるような設定だったかと思います。

Apple Watchは自分好みにカスタマイズして便利に使っていきましょう。

モバ渋" width="1280" height="851" >

モバ渋

渋谷の魅力を紹介するサイトです。 食べる、楽しむ、買い物する、観光するの4つのカテゴリに関する様々な情報をお届けします。

CTR IMG