お風呂でYouTubeが見れるテレビ!「プライベート・ビエラ」レビュー

皆さんはお風呂時間はどうやって過ごしていますか?

ゆったり湯船に浸かってリラックスしたり、スマホを利用してメール等をチェックする方が多いのではないでしょうか。

筆者はお風呂時間をより有意義に過ごしたいと考え、ニュースやYouTubeを見たりするために「プライベート・ビエラ(防水モデル)」というテレビを購入しました。

筆者

防水テレビを購入したのは初めてだったのですが、非常に性能が高く、お風呂時間をより充実させることができました。

そこで今回はプライベート・ビエラについて皆さんにご紹介したいと思います。

防水テレビの購入を考えている方、お風呂時間をより快適な時間にしたいと考えている方は参考にしてもらえればと思います。

目次

プライベート・ビエラとは

浴室にあるプライベート・ビエラ

「プライベート・ビエラ」は、家の好きな場所に持ち運んで見ることができるPanasonic製のポータブルテレビです。チューナーとモニターが分離していますので、アンテナ線を気にすることなく持ち運び可能です。

プライベート・ビエラには「防水モデル」「スタンダードモデル」「大画面モデル」の3種類があります。

この中でお風呂で動画視聴するためには「防水モデル」(UN-15LD11、UN-15L11/10L11、UN-10E11)を選択する必要があります。

ここからは防水モデルについて惜しいポイント、高評価だったポイントを解説していきたいと思います。

惜しいポイント

最初に惜しいと思ったポイントについてご紹介します。

バッテリー駆動時間がやや短い(UN-15LD11、UN-15L11/10L11、UN-10E11)

バッテリーは最大で3時間〜3時間半です。日本人の平均の入浴時間は30分と言われているので、1日1回30分利用する場合は、充電は6日〜7日に1回位で済みますので、そこまで頻繁に充電をしなくても問題ありません。

ただし、1日1時間の長風呂の方や、1日に2回入浴される方は、3日に1回位のペースで充電する必要があります。人によっては少しバッテリー駆動時間が短く感じてしまう方もいるかと思います。

リモコンは別売り(UN-15LD11、UN-15L11/10L11、UN-10E11)

テレビと言えば、リモコンが付属品としてあると思ってしまう方もいるかと思いますが、プライベートビエラのリモコンは別売りです。

使い方によってはリモコンがないと不便なこともあるかと思いますが、至近距離で使う場合にはタッチ入力による直接操作が可能なのでリモコンはなくても問題ないと思います。

高評価だったポイント

次に高評価だったポイントについてご紹介します。

惜しいポイント以上に高評価だったポイントの方が多いと思います。

高い防水性能(UN-15LD11、UN-15L11/10L11、UN-10E11)

防水性能がしっかりしているため、硫黄、塩分を含まない入浴剤であれば、入浴剤を入れたお風呂でも利用可能です。

また、視聴・再生中にシャワーがかかるなど、意図しないタッチパネル反応による誤動作を防ぐための「誤動作防止機能」も搭載している点も評価が高いです。

予算に応じた画面サイズを選べる(UN-15LD11、UN-15L11/10L11、UN-10E11)

防水モデルには10型と15型がありますので、予算や浴室の広さ等に合わせて選択可能です。

予算や浴室の広さに問題がなければ、15型の方が大画面で楽しめるためおすすめです。

ネット配信を視聴できる(UN-15LD11、UN-15L11/10L11)

YouTubeやHulu、U-NEXTなど7つの動画配信サービスに対応しているため、映画やドラマ、アニメなどをお風呂時間に視聴可能です。

よく使うアプリは2つまでホーム画面に登録可能なので、簡単に起動することができます。

リビングルームで見ていた動画の続きを、お風呂時間で視聴することも可能です。

ブルーレイ/DVDを再生できる(UN-15LD11)

お気に入りのブルーレイディスク/DVDをチューナー部にセットして映像をワイヤレスで転送して、お風呂時間に楽しむことができます。

まとめ:プライベート・ビエラでお風呂時間が快適になる

プライベート・ビエラを購入することで、お風呂時間の過ごし方にテレビやネット配信を見るという選択肢が増え、より快適に過ごすことができるようになります。

お風呂時間を有意義に過ごすために、ぜひチェックしてみて下さい。

目次